老いは平等に訪れるけど怖い

20代の頃は老化を甘くみていた。

 

まさか30代前半で髪が薄くなり膝が痛むようになるなんて思っていなかったから。

 

顔に皺が出てくるんだろうな~やだな~くらいに思ってた。

 

私は大きな病気なんてしたこともなく健康には自信があったのに。

 

というか健康にしか自信がなかった。

 

中年世代に入る30代になり20代に持っていた若さという武器は無くなり、年をとることが年々怖くなる。

 

可能性がどんどん消えていく。

 

何かを築いていきながら年をとっているならいいんだけど、何も築けてない。

 

このまま、何も築けず年だけとっていくのは絶対嫌だ。